園長先生のコラム

コラム 【 2021年4月号 】 「 2021年度が始まりました。 」

 新型コロナ肺炎感染防止がもう1年以上も続いています。いよいよ2021年度が始まりました。大泣きしている年少の桃組さんの園児たちはきっと初めての環境の中で不安いっぱいなので泣いているのでしょうね。

 僕もほぼ2年ぶりに金城学院大学に初講義に行きました。学生さんたちにとっても昨年はほとんど遠隔授業でしたので今年初の講義とあって、ものすごく混雑していました。また昨年中に新しい校舎の建設もあり迷子にならないようにじっくり案内看板を見て確認して本館の3階直通エスカレーターに乗りましたところ、校門で挨拶しました守衛さんに呼び止められてしまいました。「僕ここの先生です」と手振り身振りで説明しました。たぶん不審者に見えたのでしょうか。「ちゃんと聖職カラーしてたんだけどなぁ」とにかく笑っちゃいました。

 中高大学等で教鞭をとって25年以上たちました。学校の色々なシステムや教室、教員室などが大きく変化しています。また学生さんたちに色々な情報を提供する方法も昔と全く違うことは言うまでもありません。昔は掲示板がとても活躍していました。今はIT化が進みメールやインターネット上で情報を得ます。まあ掲示板を見るようなものなのですけど使いこなしている学生さんに比べ僕はついていくのがやっとです。

 幼稚園もこの一年で随分かわりました。顔認識の検温システムの導入や自動手指消毒器を購入しました。また春休み中に2階遊戯室に最新式のエアコンが設置されました。さらに今年中に自動的に園児の出欠が認識出来るICカードシステムが導入される予定です。

 しかしながら、どんなに世のなかデジタル化が進んでも教育というものは人間相手ですので、あくまでアナログが大切です。教師の資質の向上と教育内容の充実に努め邁進したいと思います。
 どうぞ皆さま方のご理解ご協力を賜りますようお願い申し上げます。

カテゴリー: 園長先生のコラム   パーマリンク

コメントは受け付けていません。