園長先生のコラム

コラム 【 2022年2月号 】 「 被献日って何 」

 毎年2月2日は教会の暦で「被献日」という日です。
 12月25日のイエスさまの誕生から数えて40日目にあたります。

 古来よりユダヤのモーセの律法では生後40日目に神殿の感謝の祈りを捧げるとともに男の子を産んだ場合「その子を神に捧げる」という意味で宮もうでに行く慣わしがありました。現代の教会では「産後感謝の式」という形をとって教会にてその伝統が受け継がれていると言えます。

 ただ、教会の長い歴史の中でマリアさまが我が子イエスさまを神さまに本当にすべてを捧げたことを強調するあまりにマリアさまがイエスさまより前面に出てきてしまったとも言えます。ことに日本聖公会(聖ヤコブ教会の属する教団)婦人会が1920年の被献日に成立したこともあって、「婦人会の日」にもなっています。神さまに捧げられたのは幼子イエスさまであって「捧げたマリアさま」に重きが移るより「幼子を捧げる」という意味を大切にしたいと思います。子どもが神さまから授かった存在であるということ神さまから与えられたという認識は皆さま方もご異存はないと存じます。

 どんなに子どもが欲しくてもときとして中々与えられないこともあります。そして与えられた子どもは決して自分たちの子どもたちでもありません。
当然のことなのですが、子どもは成長しやがて親元から離れていきます。やがては成長し離れてゆく子どもたちに愛情を注いでゆくことが親としての責任でもあるわけです。「育てられた恩を決して忘れるな」ということでもなく、別に見返り欲しさに育てるわけでもない「ただただ愛して育てる」のです。マリアさまは神さまに子どもを捧げきりました。

 子どもとの別離で一番厳しいのは神さまにわが子を捧げきることではないでしょうか。

 マリアさまは幼子イエスさまを捧げたときシメオンという人から「あなた自身も剣で心を刺し貫かれます」ルカ2:35と言われました。

 言われた通り、マリアさまはきっと苦難に満ちたご生涯であっただろうと想像に難くはありません。

 ローマの聖ペテロ大聖堂入り口の「ミケランジェロ作のピエタ像」を初めて見たときの感動は忘れられません。

カテゴリー: 園長先生のコラム   パーマリンク

コメントは受け付けていません。